副業的アフィリエイトには楽天型とグーグル・アドセンス型がある、

ネット上の副業といえば、実はwebサイトやネットサイトでホームページやブログに広告を出して若干の収入を得るほう法もあれば、ある企業の商品を宣伝してその商品が売れたらマージンとして報酬がもらえるという、ネット上を利用して副業的に報酬や利益を得る方法を一般には「アフェリエイト」といっております。

このアフィリエイトには色んな広告媒体業者がおりますが、中でも代表的なのが国内では商品媒体としての楽天商品として、又、広告の媒体としてのグーグル・アドセンス(Google AdSense)があるとされています。 勿論、アフィリエイトには他の方法や業者がありますが、内容的には概ねが此の2つの方法に大別されると言ってもいいでしょう。

まず、グーグルとはご承知のアメリカの有名なソフトウェア会社で、主に検索エンジン等を運営してますが、その中の一つが広告媒体を主として営んでいるグーグルアドセンスといわれるものがあります。 これは世界各国で提供しているクリック保証型のインターネット広告サービスで、用語的にはアフィリエイト・プログラムともいいます。

つまり、Webサイトやホムページ、メルマガなどに企業サイトの営業や宣伝のために広告のリンクを張り、閲覧者がそのリンクを経由して当該企業のサイトを閲覧したり、商品を購入したりすると、リンク元サイト(サイトに広告を張った人)に報酬が支払われるという広告手法のことです。

ネットなどの情報によりますと、サイトを利用したクリック型の広告アフィリエイトの稼ぎなどの例として、月額にして数10万円とか、極端な場合100万円などを稼ぐなどと、一寸、オーバーに宣伝されているようです。 しかし其れはどうもごく少量の人たちのことになりますが、実際に此のような方もおられるのも事実のことでしょう。

結局のところ、高い収入を得ている人たちはサイトの本文自体の特殊性や奇抜な内容とかセンス等の魅力的なサイトが作れた上で 、そこに、機能とかコツとか取り入れて始めて可能になるのでしょう。 良質なサイトにはアクセスが集中するのもSNSが発達していることも一因になりますが、其処には一種のSEO対策が充分になされている結果ともいえそうです。

一方、楽天のように商品紹介をして売上高に応じて報酬を頂く方法もあります。 管理者が行っているWebサイト(ブログ、ホームページ)内で商品を紹介し、それが企業ページ等で売れたら、成功報酬を得られる広告プログラムのひとつです。

サイト上のお客さんが実際にクリックして其の商品を見て購入したら、成功報酬として成果を受け取ることができるという手法になります。 其の代表的なものが楽天アフィリエイトというもので、楽天市場で商品が紹介されている中で、ブログ管理者は適当な商品をアフィリエイトで紹介することによって、ポイント(報酬金額)が受け取れるサービスです。

勿論、決められた期間内に一定のポイントが溜まったら自動的に成果報酬が得られ、管理人名義上の銀行へ振込にて現金で報酬を得るというプログラム方式になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする